掌蹠膿疱症の治療…抗生剤

ページはリクエストがあれば随時更新して行きます。
知りたいことやご質問があればコメントを下さい。
にほんブログ村 病気ブログ 掌蹠膿疱症へ にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患以外)へ にほんブログ村 病気ブログ 病気 闘病記(現在進行形)へ

病巣部位不明の感染に対して、網羅的に使用される

掌蹠膿疱症の原因はさまざまなことが考えられるということは「掌蹠膿疱症の治療法を把握する」のページでわかりやすく書いたつもりですが、このページで紹介する抗生剤を用いた治療法によって症状が軽快する場合なんらかの病巣が原因であるとアタリを付けられると思います

逆に、病巣が掌蹠膿疱症の原因であるのであれば、抗生剤は非常に有効な対症療法となるということです。
※ちなみに、掌蹠膿疱症の原因となる原病巣は病巣扁桃と歯性病巣が圧倒的に多いという報告があります。

医師の教科書的にも、掌蹠膿疱症で病巣感染の関与が疑われる場合は抗生剤を投与するということは以前より記載されているとのことです。

掌蹠膿疱症でよく利用されるのはマクロライド系のものが有名で、私自身も掌蹠膿疱症へ有効だったというエビデンスを見つけることができました。(ペニシリン系、セフェム系の抗生剤が選択されることも多いとのこと。)

クラリスロマイシン

マクロライド系抗生物質の一つであるクラリスロマイシンの構造式

なぜ抗生物質を用いるのか

大きく病巣感染による抗菌作用と、抗炎症効果を期待して使用されます。

特に抗炎症効果による掌蹠膿疱症の改善が論文で報告されています。

いずれにしても対症療法であり、根治につながるわけではないと考えるべきでしょう。

抗生剤は長期服用する場合はリスクが伴いますので、薬が症状に対して有効と判断できたら原因は病巣感染にあると判定し、病巣感染の治療に取り組むべきだとわたしは考えます。

J Visual Dermatol 11:1071-1072,2012
THE JAPANSE JOURNAL OF ANTIBIOTICS Vol.52 Suppl.A:93-95,1999
(http://www.antibiotics.or.jp/MLs/5th/5th_MLs_093.pdf)

感染した細菌の殺菌をする好中球のはたらきを抑える

わたしが読んだ論文は2つあります。

(1)『Visual Dermatology 11ー10―目でみる皮膚科学 特集:掌蹠膿疱症の治療 (Visual.D)』-ヴィジュアルダーマトロジー編集委員会(秀潤社 2012年)「J Visual Dermatol11:1071-1072,2012」

(2)「掌蹠膿疱症におけるマクロライド療法の検討」(http://www.antibiotics.or.jp/MLs/5th/5th_MLs_093.pdf)

どちらも抗生剤がもつ薬効のうちの抗炎症効果についてに言及されていて、大変興味深かったです。

つまり、これは抗生剤の好中球(白血球の一種)に対する作用です。

要約すると、好中球の炎症局所への浸潤抑制(炎症部分に好中球があまり集まらないようにする)、好中球由来の細胞障害因子の産生抑制などによって炎症の慢性化を抑制するという作用です。
好中球は感染した細菌の殺菌効果をもたらす白血球の一種ですが、掌蹠膿疱症が細菌によって発症しているとした場合、その殺菌効果を抑制することによって炎症を抑えるというわけです。
※好中球のはたらきを理解しているとその効果が分かりやすいかもしれません。

好中球のはたらき

好中球の食作用(出典:日経Goody
A.細菌や真菌が侵入すると感染局所で走化性因子が産生され好中球が病巣へと遊走する。
B.好中球は病原体を捕食、貪食し、細胞内に食空砲が形成される。
C.食空砲にリゾゾームが融合し、殺菌・消化が行われる。

原因の特定が困難な掌蹠膿疱症の早期の段階で、病巣感染によるものか否かを判断するために早目に取り入れても良いと思われる治療だと思います。

あくまで対症療法の一種ですが、症状を寛解させるだけでなく、原因をある程度絞り込むためにも有効と考えます。

クラリスロマイシン(マクロライド系抗生剤)という薬について

MRである友人の紹介でクラリスロマイシンの有効性を知りました。
medichine

ロキシスロマイシンの治療効果に関連する論文も読みましたが、こちらは症例数が少ないです。

クラリスロマイシンについては驚くべき効果が認められています。
論文によると80%の患者に症状の改善効果が認められ、うち40%の患者は治療開始後に皮疹が消失するという著名な改善効果が認められたそうです。

これは10人のうち8の症状が改善し、3人の皮疹がなくなるという高い効果ですが、つまり掌蹠膿疱症の患者のうち約8割の人が病巣感染を発症原因に含めていて、3割の人にとって、病巣感染それ自体が原因ということとも読めました。

作用

【働き】

感染症は、病原微生物が人の体に侵入し悪さをする病気です。腫れや発赤を生じ、ときに化膿し、痛みや発熱により苦痛をもたらします(実は、このような症状は病原微生物と戦うための体の防衛システムでもあるのです)。

病原微生物には、細菌やウイルス、真菌(カビ)などが含まれます。このお薬が有効なのはおもに“細菌”による感染症です。グラム陽性菌や一部の陰性菌をはじめ、マイコプラズマやクラミジアという細菌にも有効です。病原菌が死滅すれば、腫れや発赤がおさまり、痛みがとれ、熱があれば解熱します。

いろいろな細菌に有効なので、呼吸器や耳鼻科領域を中心に各科で広く使われています。のどの痛みや発熱をともなう“かぜ”にも処方されます。本来、インフルエンザを含め一般的なウイルス性の“かぜ”には無効なのですが、細菌による二次感染時やその予防のために用いることがあります。

【薬理】

作用面からは蛋白合成阻害薬に分類されます。すなわち、細菌内に取り込まれたあと、蛋白合成開始複合体(70Sリボゾーム)の構成物質(50S)に結合しその機能を妨げ、蛋白鎖の伸長を阻害することにより細菌の発育を阻止するのです。この系統は、一般的には静菌的に作用しますが、高濃度では殺菌的作用を示します。とくにクラリスロマイシン(この薬)は胃酸による影響を受けにくく高い血中濃度が得られることから、作用条件や菌種によっては臨床用量でも十分殺菌的に働くとされます。抗菌スペクトラムは、グラム陽性を中心に、陰性菌の一部、嫌気性菌、さらには非定型菌のマイコプラズマ、クラミジアやレジオネラなどに抗菌活性を示します。

抗菌作用とは違う作用も見つかっています。炎症にかかわるT細胞や好中球の働きを抑えて組織の障害を防いだり、過剰な粘液分泌を抑制する作用です。このような新作用から、びまん性汎細気管支炎、慢性副鼻腔炎、滲出性中耳炎などの慢性炎症性疾患に応用されることがあります。この場合、比較的少量を長期間使用します。さらに、緑膿菌などある種の細菌が作る防御膜‘バイオフィルム’を破壊する作用も知られています。本来、緑膿菌には無効なのですが、他の抗菌薬と併用することで抗菌力の増強が見込めるのです。

特徴

マクロライド系の代表的な抗生物質です。肺炎球菌をはじめとするグラム陽性菌、インフルエンザ菌や百日咳菌など一部のグラム陰性菌、嫌気性菌、非定型菌のマイコプラズマやクラミジア、マイコバクテリウムなどに有効です。ただし、肺炎球菌とインフルエンザ菌への作用はβラクタム薬(ペニシリン系、セフェム系等)よりやや劣ります。また、効き目の悪い耐性菌が増えています。
従来のエリスロマイシンを改良した新タイプのニューマクロライドです。エリスロマイシンの弱点である胃酸による不活化をほとんど受けず、体内によく吸収されます。高い血中濃度と半減期の延長が得られ、組織移行性にも優れます。通常1日2回の服用で、十分な治療効果が得られます。
この系統の一番の特徴は、一般的な抗生物質(βラクタム系)が効かない非定型菌のマイコプラズマやクラミジアに有効なことです。子供のマイコプラズマ肺炎には、たいていこの系統が処方されます。尿中への排泄が良好なことからクラミジア・トラコマテイスを適応菌種とする尿道炎や子宮頸管炎にも適用可能です。また、胃潰瘍の原因菌‘ピロリ菌’の除菌療法にも有用で保険適応症として承認されています。
マクロライド系のうち14員環マクロライドに分類されます。この仲間は「マクロライド長期少量投与療法」としても効果をあげています。直接的な抗菌作用を目的とせず、少量の服用を長期間続ける治療法です。びまん性汎細気管支炎(DPB)、気管支拡張症、慢性副鼻腔炎や滲出性中耳炎などの治療に試みられています。作用機序はよく分かっていませんが、免疫細胞(T細胞、好中球)に対する作用、粘液分泌抑制作用、細菌の防御膜(バイオフィルム)の破壊作用などによるものと考えられています。
アレルギーを起こすことが少なく、ペニシリン系やセフェム系抗生物質にアレルギーのある人にも注意して使用できます。相互作用を起こしやすい性質があるので飲み合わせには十分な注意が必要です。

出典:お薬110番

※私は医師ではありませんので、必ずかかりつけの医師の処方、指示に従ってください。

スポンサーリンク

掌蹠膿疱症の治療法を拡める!


闘病ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 掌蹠膿疱症へ  にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患以外)へ  にほんブログ村 病気ブログ 病気 闘病記(現在進行形)へ

コメント

  1. noin より:

    何十年も掌蹠膿疱症に悩まされてきましたが、先日胃の検査
    でピロリ菌がいるといわれ、治療したところ、掌蹠膿疱症も胃もすっかり良くなりました。

    • より:

      こんばんは。初めまして。
      ピロリ菌の治療をしたら掌蹠膿疱症も治られたとの事。どの様なお薬を飲まれたのですか?

      • 掌蹠膿疱症.com より:

        美さん

        私の見解をいかにまとめてみました。
        一石二鳥なのでクラリスロマイシンが良いのではないかと考えています。
        ビオチン治療法が主な治療法である場合は推奨できませんが、、、。
        ご参考にしてみてください。

        http://shousekinouhoushou.com/antibiotic/post-995/

    • 掌蹠膿疱症.com より:

      美さんも質問されていますが、薬は何を処方されたのでしょうか?

      • より:

        ご返信ありがとうございます。クラリスはどのくらいの期間服用すればよいでしょうか?ビオチン治療を2年間続けていますが、改善がないため、クラリスの服用を検討したいと思います。