掌蹠膿疱症の治療…ワークライフバランスの見直し

ページはリクエストがあれば随時更新して行きます。
知りたいことやご質問があればコメントを下さい。
にほんブログ村 病気ブログ 掌蹠膿疱症へ にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患以外)へ にほんブログ村 病気ブログ 病気 闘病記(現在進行形)へ

仕事のやりすぎは褒められるもんじゃない

皮膚疾患にストレスが関係あることはよく言われることです。

皮膚疾患に限らずストレスというのは人間の体内のメカニズムの絶妙なバランスを崩すものなのでしょう。

掌蹠膿疱症は免疫機能のバランスが崩れて発症するものです。

ストレスというものは難しいもので「いやだな」と最初にネガティブな感情を抱く対象に何らかの働きかけをする時にだけ発生するものではありません。

「これが好き」「これがやりたい」とポジティブに取り組む対象からもストレスを受けることはあります

わたしはこれを「ハッピーストレス」と呼んで区別するようになりました。

また、ストレスには精神的なストレスと身体的なストレスがあることを理解しましょう。

掌蹠膿疱症の治療…ワークライフバランスの見直し掌蹠膿疱症.comイメージモデル

だから好きな仕事でもほどほどに、時間を決めて自ら制限すること。

嫌な仕事だったらなおさらです。

世の中の風潮として仕事に一生懸命取り組むと賞賛されることが一般的ですが、それを理由に仕事のし過ぎを正当化してはいけません。

節度をもって仕事をするからこそ息長く、健康で仕事ができると考えましょう。

自戒の意を込めて……。

ストレスが本来の人間の体のバランス崩すということを確信した事件

私は経営者なので、一般的なサラリーマンと違って自分が好きな仕事、得意な仕事に囲まれているかもしれません。

当然、顧客相手の仕事ですから、ソリが合わない人とも仕事をすることはありますし、部下や後輩を育てると言った思い通りにはならないマネージメントの仕事も多いです。。

そうは言っても経営者にとって自分の仕事とは一般的な人のそれと比較すれば圧倒的にストレスフリーで無駄なく前進していると感じることができるものです。

だから一旦仕事モードに突入をすると我を忘れて集中する時があります。

ある時、一歩も起ちあがることなく数時間続けてデスクに向かったのち、痛みで全く立てなくなりました。

数時間続けてデスクに向かうことで身体的ストレスがかかり、いつの間にかぎっくり腰になっていたのです。

それ以降、なんでもほどほどに自身を抑制すること、それを意識して行うべきだと思いました。

ぎっくり腰だけでなく、体内の臓器や、もともと備わったシステムもストレス次第で簡単に壊れてしまうものだと思います。

ちょうど時間割で授業のコマを区切るように、自分の時間を区切っていく事は大切だと考えます。

掌蹠膿疱症の治療…ワークライフバランスの見直し掌蹠膿疱症.comイメージモデル

スポンサーリンク

掌蹠膿疱症の治療法を拡める!


闘病ブログランキング
にほんブログ村 病気ブログ 掌蹠膿疱症へ  にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患以外)へ  にほんブログ村 病気ブログ 病気 闘病記(現在進行形)へ