Q:よく間違える他の病気は?

足裏の症状については、痒みを伴い見た目も皮がはがれるので水虫と間違えました。水虫は白癬菌という最近による症状なので、皮膚科で検査してもらえればすぐに水虫かそうでないかはわかります。
※私自身も最初は水虫を疑いましたが、白癬菌が見つからなかったので水虫ではないと即座に判断できました。
白癬菌は真菌ですが、掌蹠膿疱症は真菌も最近も関係なく、そのため人にうつることはありません。

また、膿胞を伴う症状は、厚労省に特定疾患として取り上げられる「乾癬(かんせん)」があります。掌蹠膿疱症と乾癬はその症状や、症状が現れる箇所によって分類が難しいとされるケースもあるそうです。また、日本ではなく欧米では掌蹠膿疱症は「局在型」膿疱性乾癬に分類されることがあります。厚労省に特定疾患として取り上げられる膿疱性乾癬は、「汎発性」膿疱性乾癬となります。これは体の表面に広範囲に紅斑や膿疱、浮腫現れる点と、急性期には発熱、循環動態不全や全身倦怠などの激しい全身症状をおこす病態です。

参考:難病情報センター | 膿疱性乾癬(汎発型)(指定難病37)