世界乾癬デー

毎年10月29日は世界乾癬デー

掌蹠膿疱症は欧米では「局在型」膿疱性乾癬に分類されることがあります。
掌蹠膿疱症と膿疱性乾癬は共通する特徴があり、臨床症状から区別するのが難しいときもあります。

さて、本日10月29日は、世界乾癬デーが乾癬や関節症性乾癬の患者のために毎年開催されるようです。世界中の乾癬患者会から構成される非営利団体である国際乾癬患者会連盟(IFPA)が母体となっています。

掌蹠膿疱症ではこのような団体が今のところなく、掌蹠膿疱症の認知が広まる機会がなかなかないですが、500人に1人ともいわれる潜在患者のために当サイトもできる限り、掌蹠膿疱症に対する医療の改善、公衆の理解の向上、研究の強化を少しでも促進し、掌蹠膿疱症および掌蹠膿疱症性骨関節炎の患者さんの生活が少しでも改善できるようできる限り努力していきたいと考えています。

世界乾癬デー

Under the Spotlight

Spotlighter動画は世界中の乾癬を持つ人で、人生におけるあらゆる面で乾癬が与える影響を共有することに同意をしてくれた人たちの動画です。
2009年以降、スポットライターは毎年彼らの経験を共有することに同意し、今では100本以上の動画が完成しています。

出典:Spotlighters Film

乾癬と掌蹠膿疱症は必ずしも同様の症状ではないですし、その治療法も異なりますが、Spotlighterとして登場してくれている3名の動画は共感するところが多く、治療に向かう姿勢としては非常に参考になります。

Spotlighter01.Masayuki

Spotlighter02.Ayumi

Spotlighter01.Hajime

掌蹠膿疱症だけでなくあらゆる難病で闘病する患者さんたちの姿は励みになります。
乾癬は掌蹠膿疱症にも類似する点が多いので3名のSpotlighterのドキュメンタリーは参考になったのではないでしょうか?