[動画で解説]寝ている間に掌蹠膿疱症の炎症を鎮静化させる方法

わたしが掌蹠膿疱症で辛かったのは手のひらの炎症でした。

掌蹠膿疱症性骨関節炎(頚椎炎)や足の裏の炎症も辛いですが、人目に触れる手のひらは本当に悩みました。

ひどい時は買い物をしてお釣りを受け取ることが悩ましく、受け取れない時もありました。

そんな中、聖母病院での処置で亜鉛華軟膏とチュビファーストというチューブ型包帯を知りました。

これをいつものステロイド外用剤での治療と組み合わせて使用することを取り入れました。

この治療法は、聖母病院のやり方のままではなく、自身でアレンジして開発したものです。

その方法を動画にしてみましたので、ご参考にしてください。

インターネットで治療法を調べている時によく、ビニール手袋をして保湿をするという方法を見かけて自身で試しましたが、手が熱を持って蒸れてしまい、炎症が悪化てしまったような気がします。

掌蹠膿疱症の治療は患部の通気性をたもちながら保湿をする必要があり、やはり動画で紹介したこの方法がベストでした。

わたしは日中外に出ない時もこの方法を用いていましたが、やはり寝る前に処置をすると、起きた時にその効果が大きく実感できました。

日に日に炎症がおさまって行くので、治療に対して前向きになるきっかけとなりました。

この治療に必要なもの

□チュビファースト 2way (緑) 10m

チューブ型包帯チュビファーストを利用したWet WRaps(R)手技はアトピー治療に関して長い歴史を持つイギリスで確立され、日本で今大変注目を集めているようです。

なんといっても、軟膏を塗った後にいたるところに付着してしまうのを避け、塗った薬が直接患部にとどまり続けることを実現するにはとてもお勧めのアイテムです。

□【第3類医薬品】亜鉛華軟膏 50g

患部を保護し、炎症をやわらげる効果を求めて使用しました。(聖母病院での治療で知りました。)
これらの作用により、皮膚の再生を助け傷の治りを良くするとのことです。

□筆(油絵用)

わたしは手で軟膏などを塗ると、どうしても痒みに我慢ができずそのまま掻きむしってしまうことを繰り返してしまったので、常に患部を触らないようにするために、筆を使い始めました。

軟膏が油分を含んでいるものが多いので、油絵用の筆がベストでしょう。

手のひらに限らず、軟膏を塗るついでに掻いてしまうことを止めることが症状の改善の第一歩だと思います。

□ガーゼ

動画で説明した通り、ガーゼは手のひらを2周分できるれば十分です。

ただ、カットされたガーゼは毎日使用するには費用が高いので、ロール形式のものがお勧めです。

ステロイドホルモン外用剤

医師から処方されたものを使用しましょう。
※↑のページでも書きましたが、ステロイドは医師の指導の下使用しないとリスクがあります。
※医師の指導の下であれば安全だとわたしは考えます。

足の裏編も今後公開します。

手のひらと足の裏では悩みが違うと思います。

わたしは症状がひどい時は、患部の皮が割れて出血し、歩くことが困難でした。

そのため、手のひらと同じように足の裏のものも時間がある時に作ってみようと思います。

患者のみなさんが、これらの治療法で少しでも良くなることを祈り、応援します。

コメント

  1. みお より:

    いちごさんこんにちは
    なかなか関節痛が良くならないので、こちらのサイトを見て、今日聖母病院へ行ってきました。
    予約なしの外来で3時間半程待ちでしたが、すいている方との事でした。
    予約は7月中旬までいっぱいでしたので、私は直接外来に行きました。
    今日は、血液・尿検査で次回の予約でMRI検査となりました。
    以前、ビオチン処方してくれた病院では、検査なしで取り敢えず投薬というスタンスが信頼出来ずに断念した経緯を話し、今回有効かお試しも含めてビオチン散・ミヤBM・シナール(ビタミンC)処方されました。
    先生はまず原因を追究しましょうというスタンスです。
    今までかかった医師には原因不明の病気だからといわれていたので、その言葉だけでも意欲的な治療を出来るかもと期待・好感を持ちました。
    今までの治療経過等細かく聞いてくれて、信頼できそうな方でした。
    今日行った地元の薬局でも、小林先生は掌蹠膿疱症では有名なお医者さんですよと教えてくれました。
    よろしければご参考下さい。
    長文失礼しました。

  2. いちご より:

    掌蹠膿疱症.comさん
    お返事 ありがとうございます。
    ずいぶん 努力されてきたのですね。
    正直 どこの病院にしていいのか 迷うところです・・
    遠方のため 気合が必要なもので・・
    食事の管理は 自分ではできないのが 現状なうえ
    歩くのも やっとなので なかなかむつかしいです。
    歯のアレルギー検査だけはしてみました。結果は異状なしでした。
    やはり 一度 病院に問い合わせてみます。
    ご親切に感謝します。

  3. mico より:

    初めまして。
    検索の結果たどり着き、むさぼるように拝見してます。
    動画も拝見しました。
    早速取り入れます。
    私は足裏、手のひら、肘関節と発症があり、中でも足裏が一番ひどく、時折嵐のように起こる痒みと戦っております。
    予告にあるように足裏対策も、とてもとても待ち望んでます。
    サイトを拝見して、この病気と真剣に向き合い、戦い、付き合っていく覚悟が出来ました、泣きました。
    今後ともよろしくお願いします。

    • 掌蹠膿疱症.com より:

      micoさん

      コメントありがとうございます!
      >サイトを拝見して、この病気と真剣に向き合い、戦い、付き合っていく覚悟が出来ました、泣きました。

      まさに皆さんにこうなってほしいと思う一心で書きました。
      このようなコメントは大変励みになります。
      近日中に必ず足裏編も作りたいと思います。
      ご期待よろしくお願い致します。

  4. まこ より:

    動画見ました。

    治療を楽しくされていますね。

    私はどうも前向きになれませんでしたが楽しむ方法を教えてもらった気がします。

    ありがとうございます。

    私は足裏の症状もひどいので、続編も楽しみにしています。

    • 掌蹠膿疱症.com より:

      まこさん

      ありがとうございます!
      治療の楽しさが伝わってうれしいです。
      わたしのモットーは「前向きに治療に取り組む」という事です。
      当初はわたしも気持ちがふさぐことがあったのですが、治療が楽しいということに気づきそれを伝えてたくてサイトを作ったので、このような感想を頂けて幸いです。

      足裏編も頑張ります。

      • いちご より:

        こんにちは^ ^ 動画拝見しました。
        こんなに 前向きになれるなんて・・
        私は 以前は 手だけでしたが 今は 手はあまり出ないで
        爪の方がひどいです。
        それと 足の裏 脇 爪 が結構膿疱がひどく
        それに伴い 歩くのがやっとの感じて 痛みが常にあります。
        悲鳴を上げたいほどのときも ままあります。
        風呂のあと 出かけた日は 特に寝るまで 痛くて・・
        かれこれ 6年ほど 毎日 痛みと格闘しています。
        正直 疲れているのが 正直なとこです。
        聖母病院では 血液検査や レントゲンなど 検査はしていただけますか??
        少しは 回復されているのでしょうか??
        ビオチン散 ミヤBM ビタミンC 薬は この三種類でしょうか??
        今 聖母病院か 大阪の病院かで 悩んでいます
        どちらも 近くはないので 慎重にならざるをえません。
        情報が欲しいのです。
        よろしくお願いいたします。

        • 掌蹠膿疱症.com より:

          いちごさん

          ご返信遅くなりすみません!
          以下引用してご返信いたしましすね。

          >聖母病院では 血液検査や レントゲンなど 検査はしていただけますか??

          わたしは主治医のセカンドオピニオンで一度診ていただいただけなので検査はしていないのですが、専門外来があるので必要な検査はしていただけるのではないでしょうか?病院にお問い合わせしてみてください!

          >少しは 回復されているのでしょうか??

          わたしは治療の甲斐あって全快しました。
          あきらめず、いろいろな治療法を試しました。
          どれがというわけではなく、すべてがミックスされて全快につながったという認識です。

          是非ご参考にしてください!

          完治までの治療ノート | 掌蹠膿疱症.com – 掌蹠膿疱症の完治を目指す治療法まとめ

          >ビオチン散 ミヤBM ビタミンC 薬は この三種類でしょうか??

          ビオチン治療法はこの3点セットです。
          しかしビオチン治療法を信じてはいましたが、懐疑的ではあったので他にも私は抗生剤や、ステロイドや、リステリンなどのうがい薬など併行して自身の身体と向き合い試していました。

          以上、ご参考にしていただけそうでしょうか?

          • いちご より:

            今頃のお返事で恐縮です。掌蹠膿疱症.com は男性ですね
            食事とかも 奥さんが作ってくれたのでしょう。
            私は 他の病気もあり 食事の支度もできません。
            奥さんにぜひ 感謝してくださいませ^ ^
            私は 自分のことも精一杯のうえ 夫の世話までもしなければなりません。
            夫も病気だからです。正直 30%もできないのが 正直なところです。
            なかなか 生活自体大変です。
            私が ダウンしたときは うちは 成り立ちません。
            それでも ふらつきながらも 台所に立つしかないのです。
            足が痛いので歩けないうえ 家事がほとんどできない私にとって
            生活自体 大変です。
            でも 来月あたり 思い切って 病院に行ってみようかと思っているところです。 いつまでも 痛いばかりでは 先に進めないです。
            半分 命がけでの外出になりそうです。
            頑張ってみます。ありがとうございました。