掌蹠膿疱症の治療法を拡める!

ビオチン療法の信憑性

ページはリクエストがあれば随時更新して行きます。
知りたいことやご質問があればコメントを下さい。
にほんブログ村 病気ブログ 掌蹠膿疱症へ にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患以外)へ にほんブログ村 病気ブログ 病気 闘病記(現在進行形)へ
最もポピュラーな治療法だけど

筆者のビオチン治療法に対する考えは、”他の治療法と併わせて自分の治療に取り入れて、(少なくとも治療への態勢を整える目的で)禁煙禁酒と並んでまず取り組むべき治療“という事で一貫しています。

当サイトでもビオチン治療法のページはアクセス率が高く、多くの患者さんに読まれているページですが、時折とても心配になるのです。あまりにもビオチン治療法を妄信している患者さんが多すぎるのではないかと、、、、、、。

掌蹠膿疱症の治療(ビオチン治療法)

医療現場には懐疑的、否定的意見が多い

多くの患者さんもすでにご存知と思いますが、ビオチン治療法は科学的根拠が薄く、その信憑性には疑いをもっている医師が多いです。治療法としては、いわゆる定説ではありません。
掌蹠膿疱症は、原因が不明のまま寛解、治癒していくケースが多く有効な治療法が人によって異なるというのがビオチン治療法を定説足らしめない理由の一つだと思います。

病名は便宜的に「掌蹠膿疱症」と呼ばれますが、実は皆それぞれ違う原因で起きている違う病気かも知れません。欧米では掌蹠膿疱症は「乾癬」として広くとらえられています。

(前略)なんかおかしい気がする・・・。
そもそも原因がわからない病気ってことは、もしかしたら、それぞれ実は病巣が違うのかも。
人それぞれなんじゃなかろうか。
鎖骨痛い人、皮膚症状だけの人、本当に全員ビオチン欠乏症が原因なのだろうか?
ある人は金属アレルギーが原因かもしれないし、ある人は虫歯が原因かもしれない。ある人はタバコが原因かもしれない。
ある人は慢性の鼻炎が原因かもしれないし、またある人は扁桃腺が原因かもしれない。
だから、抗生物質が効く人効かない人、ステロイドで改善する人しない人、リウマチ薬が効く人効かない人、歯科金属の除去で改善する人、扁桃腺取ったら改善する人それぞれいるのでは??

引用:肩コリと思っていたら「掌蹠膿疱症骨関節炎」闘病中!!

本に書いていることは少し疑わしい

これは私の素直な感想です。

本とは、前橋賢医師の『信じてもらうための挑戦―掌蹠膿疱症は「治る」病気です』前橋賢(近代文芸社 2008年)のことですが患者さんの間では最も有名な著作だと思います。

信じてもらうための挑戦―掌蹠膿疱症は「治る」病気です

なぜ私が疑わしいと感じたかと言うと、「ビオチン治療法以外の治療法は効果がない」という極端な論旨が終始展開されているからです。

このサイトでもまとめたさまざまな治療法は、それぞれが皆医師によって研究や臨床の過程で有効と判明されてきたものです。その過程で医学論文などにまとめられています。

それらを一蹴して効果がないと言い切る主張をする医師に科学的素養の欠如を感じてしまうのです。

編集追記
著作が書かれたのは2008年の事なので、それ以降発表された医学論文は当然著者はご存じなかったと思います。
そのため、当時の時点では「ビオチン治療法以外の治療法は効果がない」という結論を導いたのかも知れません。
しかし、著作の中で否定されている治療法もその後の臨床では効果があると報告もされているので、当時の考えだとしてもやはりそれは誤りであり、極端であると考えざるを得ません。

病気や症状に対する治療法をシンプルに一つに絞りたいと思うのが人ですが、何度も書いてしまいますが、掌蹠膿疱症の場合はその原因が人によって異なります。原因が異なるから治療法も異なる、そう考える方がより科学的ではないでしょうか?

ビオチン治療法は少なくとも
美容と健康には良い

筆者はビオチン治療法が自身の症状に対して有効かどうかということは追求することをしていません。さまざまな原因を一つひとつ疑い、探り、治療は常に複数の治療法を併行しているため正直効果があるかないか「わからない」からです。

ただ、一つ言えるのは、ビオチン治療法は美容と健康には良いだろうと思っています。

美容と健康によく、もしかしたら掌蹠膿疱症にも有効かも知れない。
また、仮に過剰摂取をしても水溶性なので問題、リスクは少ない。
それならば試さない理由はないと思っています。

実際ビオチン治療法を取り入れてからというもの、肌の調子はよく抜け毛が減少するなど思ってもみない薬効を実感しています。
(髪の毛に対してはあまりにも効果があったので、調べてみると、ビオチンは毛髪や皮膚の健康維持、髪の寿命延長や皮下組織の毛細血管を太くして血流を上げたり皮膚全体の新陳代謝を活発化するという効果が見込めるとのことでした。)

ビオチンが毛髪に良い

ビオチン治療法を試されている方はどのようなスタンスでしょうか?
もしかしたらビオチン治療法を唯一の治療法として妄信しすぎていませんか?
本をお持ちの方は今一度読み直してみてください。きっと論旨があまりにも偏っていることに気づくのではないでしょうか?

この記事はビオチン治療法に妄信し、他の治療法を試さずいつまでも同じ場所をぐるぐると周っている患者さんも多くいるのではないかと思い、作成しました。

スポンサーリンク

掌蹠膿疱症の治療法を拡める!

ページはリクエストがあれば随時更新して行きます。
知りたいことやご質問があればコメントを下さい。
にほんブログ村 病気ブログ 掌蹠膿疱症へ にほんブログ村 病気ブログ 難病(特定疾患以外)へ にほんブログ村 病気ブログ 病気 闘病記(現在進行形)へ

コメント

  1. ぴいこ より:

    初めまして、私の母親のことについてコメントします。

    母は足の裏の皮が剥け酷い状態でした。有名な皮膚科に通っていても酷くなるばかりで、藁にもすがる思いで秋田の前橋先生の所へ行ってみました。9月のことです。
    言われた通り8時間おきにきっちり薬を飲み、塗り薬も塗っていました。
    翌年の7月に診てもらうため秋田に行く時には嘘のように綺麗になっていました。
    でもまた出るかもしれないのでしばらく薬は続けるようにと言われました。
    そんな矢先に前橋先生がお辞めになることになり、12月で薬が終わってしまい何も飲まないでいると夏頃から再びではじめたのです。

    今はまたひび割れするなど悪くなるいっぽうです。サプリでもいいからと言ってとりあえず8時間おきに飲んでいる状態です。

    皮膚科に行ってもその話も聞いてくれませんし、聞いても頭から否定します。
    でも実際に一度は綺麗に治ったんです。

    長いコメントになってすみません。
    事実を伝えたく母に代わってコメントしました。

    • 掌蹠膿疱症.com より:

      ぴいこさん

      お母様のご経験を教えて下さいありがとうございます。
      前橋先生から処方されていた薬をその後は飲まれていないのでしょうか?
      前橋先生の処方される薬は特別なものではなく、他の医師でも処方できるものばかりだと思うのですがいかがでしょう?
      具体的に前橋先生からは何を処方されていたのかをご教示いただけないでしょうか?

      • いちご より:

        こんにちは 私も 以前 前橋先生の所で一度は完治しました。
        その時は 手のひらだけでしたが 三年かけて治りました。
        薬は ビオチン散0.6グラム ミヤBⅯ錠 シナール配合錠
        塗り薬は リンデロンⅤ軟膏 白色ワセリン でした。
        そして 再発してしまい 別な皮膚科で 今も変わらず 飲んでいるのですが かれこれ 6年が経過していますが 一向に治る気配がありません。
        前は 痛みはなく 楽でした。
        再発したときは 手と足に出てしまい 痛みがあり 今は 歩くこともあまりできない有様です。 

  2. キリコ より:

    初めまして。
    治療に対する、姿勢、研究並びにその公開に心から敬意を表します。
    ビオチン治療法に関しては、劇的に改善した旨の記事を多数、見ますので、明らかに効果があるのではないでしょうか?無論、万人に効果があるかどうかはわかりませんが?科学的根拠などという言葉自体がおかしいと思います。プロセスが目に見えるものが科学的根拠とするならば、この世は科学的根拠のないものだらけではないでしょうか。現在科学で説明つかないことなんて、この世に溢れていると思います。要は結果として効果があるかないかだと思います(その人にとって)。ある記事では、お金と時間がなく歯科金属の置換などはできないので、ビオチン治療法一本でいったところ劇的に回復した旨を見ました。大事なのは数ある治療方法の中で経済的な制約等を考慮しつつ、できることに取り組むことではないでしょうか?

    • 掌蹠膿疱症.com より:

      キリコ様

      貴重なご意見誠にありがとうございます。

      『科学的根拠などという言葉自体がおかしいと思います。』という点において私も全く同感です。
      そもそも発生機序が不明確な掌蹠膿疱症の治療法に科学的根拠を文句にまっとうなものがあるとは思えません。

      また、ストレスが原因と言われる病気が多く存在するのにその治療法に科学的根拠ばかりを求めてばかりというのもおかしな話です。

      私は、ビオチン治療法について信じていないというスタンスではありません。

      あくまでこの記事に関してはビオチン治療法を盲信し、他の治療法を試さず症状が長期化している方々の存在を少なからず見るにつけ、他の治療法も積極的に試してトライ・アンド・エラーで症状とその治療法の発見に努めて欲しいという願いを込めたつもりです。

  3. 返信不要 より:

    >なぜ私が疑わしいと感じたかと言うと、「ビオチン治療法以外の治療法は効果がない」という極端な論旨が終始展開されているからです。
    >このサイトでもまとめたさまざまな治療法は、それぞれが皆医師によって研究や臨床の過程で有効と判明されてきたものです。その過程で医学論文などにまとめられています。

    その本は2008年出版、つまり2008年以前の医療知識を土台として書かれたものですよね。
    このサイトにまとめた治療法や医学論文とやらが2008年以前(というか著者がビオチン治療法を確立するよりも前)にも存在していたという証拠を提示していただかないと、第三者からはただのイチャモンにしか見えませんよ。

    • 掌蹠膿疱症.com より:

      ご指摘ありがとうございます。
      確かに時系列で考えると掌蹠膿疱症の最近の論文は大方2008年以降です。
      内容に編集追記を致しました。